医薬品は用法容量守って効果的に服用しよう

病気になってしまった人の強い味方になる医薬品は、病気で悩む人の状況を大きく変えてくれる存在です。
しかし、どんなに優れた医薬品であっても、正しい服用方法で服用しないと本当の効果が発揮されません。
例えば、風邪薬の指定が食後に飲むだったとします。
この場合は食前に飲むと正しい効果を見込むことはできません。
ED治療薬であるシアリスでも同じことがいえます。
シアリスはどう服用するのが正しいのでしょうか。
特に注意したいのは、服用のタイミングです。
ED治療薬としてバイアグラやレビトラという薬はとても有名です。
これらは基本的に性行為の1時間前に服用することが定められています。
しかし、シアリスは薬の効果がやや緩やかであるため、性行為の3時間前に服用する必要があります。
また、シアリスは食事の内容によって効果が薄まる可能性があります。
約800kcal以上摂取するとシアリスの効果が薄まると言われており、とんかつやハンバーグ、タルタルソースが含まれる食事は800kcalを超えるとされています。

シアリスには薬の併用にリスクがあります。
シアリスと硝酸剤と呼ばれる薬品を併用すると、甚大な健康被害に襲われてしまいます。
最悪の場合死に至る可能性もあるので、硝酸剤を服用している際は絶対に服用しないでください。
もし硝酸剤を日常的に服用しているなら、事前に医者に相談して判断を仰ぐことが重要です。
硝酸剤は、心臓のまわりの冠動脈を広げて血液の流れる量を増やして、心臓に酸素などを補給し、全身の血管抵抗を減らして心臓への負担を減らす効果があります。
含有薬の検索もスマホなどから簡単に調べることができます。
シアリスの効果を正しく発揮させるにはこのようなポイントを必ず押さえておく必要があります。