シアリスと他の治療薬との性能を比較

シアリスと他のED治療薬を比較したときに、どんな違いがあるのかをまとめてみます。
まず、シアリスの大きな特徴として、緩やかな効果と効果持続時間の長さが挙げられます。
シアリスは服用から約30分で効果が発揮され始めます。
そこから時間が経過して服用から約3時間で最大効果に到達します。
シアリスはここから約36時間も効果が持続するといわれています。
副作用も他のED治療薬と比べて発生しづらいのも魅力的です。
他のED治療薬は性行為の1時間前に服用をする必要があり、その際に食事をしていると効果が軽減してしまいます。
しかし、シアリスはある程度の軽食であったり適度な飲酒であれば、効果が軽減することはありません。
これらのことを踏まえて、非常に安心して使いやすいED治療薬だといえます。

バイアグラは世界で最も有名なED治療薬です。
バイアグラは何といっても効果の著しさ、反映の速さが特徴です。
日本で売られているED治療薬ではバイアグラの50mgが最も効果が強いといわれています。
バイアグラは性交の約1時間前に服用する必要があります。
効果が反映されるのに、最短で約20分ほどであり、性交の準備としては非常に楽なED治療薬です。
バイアグラを服用する場合、その直前に食事を取ってはいけません。
食事に含まれる油分が有効成分の吸収を妨害してしまい、効果が軽減してしまうからです。
食前の空腹の状態が望ましく、食後に服用する場合は2時間以上の感覚を空けてからの服用になります。
バイアグラを服用すると、めまいや顔のほてり、頭痛の副作用が多く報告されています。
ほとんどが軽度だといわれていますが、症状が重たい場合は使用を中断しましょう。

レビトラは服用して勃起するというものではない、他のED治療薬とは少し違う治療薬になっています。
レビトラに含まれているバルデナフィルが水に溶けやすい性質を持っており、身体に取り込みやすいというメリットがあります。
なので効果が速やかに効き始めて、性的興奮をした時に、勃起の補助をしてくれるED治療薬になります。
レビトラは性交の30分から1時間前の服用が指定されていて、空腹時は15分から30分で効果が出始めます。
バイアグラと違い食事の影響を受けにくいですが、空腹時のほうが効果が発揮されやすいです。